loaging
Loading...

5-alias

ノベルゲームコレクション

ストーリー

イントロダクション

——これは5つの別名の話。

それは意識の世界と外れた世界で繋がってしまったモノたちの、果ての姿なのだ。

タイトル画面
シナリオ選択画面

あらすじ

再会の依巫

自分にだけ聞こえた声。
それを追いかけた先にあったのは、謎の空間だった。

想定プレイ時間
約15分
エンディング数
1(分岐なし)
再会の依巫 ゲーム画面
再会の依巫 ゲーム画面

別名の発端

そもそもの話。
エイリアスというものが生まれてしまったのは、とんでもない偶然からなのだ。

あの常識が通じない2人と繋がってしまったのが、すべてのはじまりなのだ。

※「再会の依巫」をクリア後に開放されます。

想定プレイ時間
約30分
エンディング数
1(分岐なし)
別名の発端 ゲーム画面
別名の発端 ゲーム画面

偶像の残滓

ひょんなことからもらってしまった木像。
そこで出会ったエイリアス・アルブムは何故か記憶が欠けてしまっていた。

※「再会の依巫」をクリア後に開放されます。

想定プレイ時間
約30分
エンディング数
2
ヒント
ED1
通常はこのエンディングになります。断片の入手具合は分岐に関係ありません。
ED2
探索シーンで特定のシーンを1つ見ていると、このエンディングになります。
追加シーン
探索シーンで特定のシーンを2つ見ていると、エンディングの後にこのシーンが追加されます。
偶像の残滓 ゲーム画面
偶像の残滓 ゲーム画面

薄明館の主

あれから紆余曲折あり、エイリアス・アートルムに説明させるための場所を設けた詩歌。
彼女たちは、その場所として用意した「薄明館」へとやってきていた。

※「偶像の残滓」クリア後に開放されます。

想定プレイ時間
約1時間
エンディング数
3
ヒント
ED1
通常はこのエンディングになります。断片の入手具合は分岐に関係ありません。
ED2
シナリオ内において致命的な行動をとると、このエンディングになります。
ED3
断片を一定数以上入手した上で、特定の行動を起こせるとこのエンディングになります。
「5-alias」で入手できる断片は全部で12つなので、最低でもその半分以上の獲得が1つの条件となっています。
ちなみに「薄明館の主」では4つ、「薄明館の主」では8つ(そのうち2つは確定で)獲得出来ます
追加シーン
エンディング到達前のルートがアルブムルート、もしくは「偶像の残滓」のED2を見ているか、「幽愁の奇作」のシナリオをクリアしていると、エンディングの後にこのシーンが追加されます。
薄明館の主 ゲーム画面
薄明館の主 ゲーム画面

幽愁の奇作

これまでのいきさつを聞いた彼女は疑問を口にする。

彼らはその発言から「心当たりのある場所」へと赴くことになるのだが、そこにいた人物は、彼らにとってある意味懐かしい存在ではあった。

※「別名の発端」をクリア後に開放されます。

想定プレイ時間
約1時間
エンディング数
1(追加シーンあり)
ヒント
「幽愁の奇作」にエンディングの分岐はありません。
追加シーン1
「偶像の残滓」「薄明館の主」の追加シーンの両方を見ている場合、このシーンが追加されます。
追加シーン2
「幽愁の奇作」以外のすべてのシナリオをクリアしている場合、このシーンが追加されます。
幽愁の奇作 ゲーム画面
幽愁の奇作 ゲーム画面
arrow_upwardtop

ゲーム概要

ジャンル
ADV
対象
全年齢
公開日
2021年2月15日
想定プレイ時間
各シナリオ 約30分〜1時間
画面サイズ
1280×720
動作環境
PCブラウザ及びスマートフォンブラウザ
(Chrome、Safari推奨)
制作ツール
ティラノスクリプト
制作
しらか

ノベルゲームコレクション